難関私大(早慶上理・GMARCH・関関同立)と学歴フィルター

巷でよく言われる学歴フィルターですが、
実際、早慶の大学生がある大手企業の説明会を申し込むとすんなり入れるのに、
同じ説明会を日東駒専の学生が申し込むと満席となる等、想像以上に学歴フィルターは
存在していると思います。

そこで難関私大を偏差値と大手企業就職率を総合してランク分けします。

  • S 慶應義塾大、早稲田大
  • H   上智大、東京理科大、同志社大
  • A 明治大、青学大、立教大、中央大、学習院大、関西学院大、立命館大、法政大、
  • B 関西大、南山大、日本大、成城大、成蹊大、西南学院大等
  • C 東洋大、専修大、駒沢大、近畿大、京産大、甲南大、龍谷大、愛知大、福岡大等
  • D 大東文化大、亜細亜大、東海大、帝京大、国士舘大、摂南大、神戸学院大、追手門学院大、桃山学院大等

スポンサーリンク

上記のように偏差値以上に就職実績が高い大学もいくつかあります。

まず、Sランク、Hランク、Aランクの場合、
学歴フィルターで跳ねられることはまずありません。
Bランクでは、財閥系大手商社や大手マスコミの場合、跳ねられることがあります。

実際三菱商事、住友商事、三菱地所、TBS、フジテレビ、日本テレビ等のキー局では
Bランクからは今年採用されておらず、Aランクでも少数の採用となっております。

Cランクになると、大手有名企業でも採用するところとしないところで、はっきり分かれます。
その為、あなたの行きたい企業では
中堅私大から採用されるのかどうかある程度リサーチする必要があります。

Dランクになると、小売・サービス等の大手企業には行けますが、
銀行、マスコミ、大手商社などからはほとんど採用されず、一気に選択が狭まります。

そういう意味でも、最低Cランク、出来ればAランク以上の大学にいきたいところです。
以上、難関私大と学歴フィルターについてでした。