三菱東京UFJ銀行採用大学別就職者数2018

採用人数1206名

●国公立大

東大27名 京大21名 一橋大17名

阪大17名   神戸大15名 名古屋大17名

北大1名 九大11名    東工大8名

筑波大4名 千葉大2名  東京外国語大3名

大阪市立大3名    大阪府立大3名他

スポンサーリンク

●私立大

早稲田64名 慶應94名 上智23名

明治32名 青学14名 立教25名 中央27名

法政大30名 学習院23名

日本大7名  東洋4名 駒沢3名 専修大6名

東京理科大4名 

同志社大35名 立命22名

関学38名 関大25名 近大5名

同志社女子15名 京都女子11名他

出典

サンデー毎日2018年8月19日号

総評

三大メガバンクの中ではUFJが採用人数が最も少ない
1024名の採用人数。

昨年より約200名減っており、
今年三大メガバンクはすべてにおいて採用人数が縮小している。

採用大学構成は東大・京大・阪大・名大などに旧帝大、
一橋・東工大・神戸大などの難関国公立大、
早慶上智、GMARCH、関関同立出身者が大部分を占める。

最も多く採用されたのは慶應の94名で2位の早稲田が64名と
この2校だけで160名弱の採用がある。

三井住友に比べて、主要女子大からの採用が多く、
三大女子大である東京女子・日本女子・津田塾で41名、
同志社女子・京都女子・武庫川女子の関西三大女子大から
32名採用されている。